滋賀県は琵琶湖のほとりで民宿を経営する40代男性のクラウド情報

サーバ初心者にクラウドサーバは敷居が高すぎました・・・。
借りたのはニフティのクラウドです。
多くのクラウドサーバサービスがあるのですが、一番使うのが簡単そうだったためニフティクラウドにしました。
しかしそれでもサーバ初心者には難しすぎたのです・・・。

私は、学生時代に趣味で絵を描いていたので「フォレストページ」でHPを作りました。
そのWEBサーバにクラウドを選びました。
理由は何だかカッコいいから(汗)

好きだったアニメの絵や、自分が着たいな・・・と思う服のデザインを投稿していました。
当時はiPhone、スマートフォンなどは無く所謂「ガラケー」を使用していました。携帯のページをパソコンで見るとものすごく字が小さく表示されるんです・・・。文字に色をつけたりサイズを変えたりと、携帯でポチポチ地道に打つのは大変でそのような場合はパソコンで入力していました。パソコンであればコピペして一文字一文字打つ必要もありませんしね!また画像を表示させるのも一苦労でいちいちHTMLを入力していました。一度そのサイトに画像データを保存し、そのURLをコピペしました。大きさを変える際もHTMLに入力しなければならないし・・・ガラケーの時は大変でした。

なので私はメールボックスにあらかじめ画像用、文字用とHTMLのタグを保存し使うたびにコピペしていました。
今ならタブレット端末のロングタップで楽々とできますね。

 他のサイトとリンクをつなげたりランキングに登録したりもしました。
バナーを作るのだって一苦労!バナーのサイズってどのくらい?というところから始まりました。他のサイトはどんなデザインなんだろう・・・正方形と長方形もある・・・なんて四苦八苦してました。

最初は繋がった人とHP内のメールでやり取りをしていても時が経つにつれ疎遠になりリンクが外れる・・・なんてことも。今のようにSNSが発展していない時代だったので深く関わりなんて持てませんでしたね。

 私としてはいちいちHTMLなんてわからないものを入力することがとっても大変でした。
あの「ガラケー」という小さいい画面でよくやってたなあと当時の自分を褒めてあげたいくらいです!

と、HTMLやスタイルシートを書いたりで、手いっぱいになってしまい、クラウドサーバの構築が全くできませんでした。
クラウドって簡単そうなイメージがあるけど、Linuxという結構マニアックな知識がいるんです・・。
結局私は、一般向けのさくらインターネットを借りてそこでホームページを公開するはめになりました。